2020年9月30日 

手探りなまま突き進み、気がつくと9月は足早に逃げていった。
あの日、置き忘れてしまったものは一体何だったのか。
ゆっくりと波に揺蕩うように感覚を反芻する。 
触れたものの姿かたちを思い出すように。
2020年9月15日 

地上の裏側にある音が
背骨を伝って届く
表面からは決して掬い取ることができないもの
2020 年9月9日 

浮遊して ただ漂うことが許される場所に 
足を踏み入れることは叶わなかった 
四角い箱を泳ぐ鱗雲 
黒い鳥の鳴き声が 秋の始まりを告げる
2020 年9月7日

台風が過ぎ去っていった家の庭に
甘くて濃い香りが立ち込める
遅れて咲いた、9月のヤマユリ
ぽつんと咲く その白い存在に
揺動する雄蕊に
私の内側は支配された