2020年8月30日

痕跡
姿かたちに映らないもの― 声、身体へ響くなにか
今までそれらといかに交感してきたか、思い知らされる。
この夏は、フレーム越しに様々な物事を見てきたように思う。
頷きは同意の記号/視覚的につく嘘は簡単には見抜けない
さり気なく変化する日常に、時々ついていけなくなる。
日差しだけは正直に肉体を侵食し、夏が朽ちてゆく。
2020年8月23日

夏の終わりに吸い込まれる
当たり前のように響いていた音   
夏のあいだにうまれた花
いつの間にか あぶくとなって消えてった
2020年8月15日 

cut outする 
視点を 
蝉の鳴く声を 
何かと何かの狭間を 
その揺れと 世界を   私の手で切り取る
2020年8月12日 

sleeping 
わたしの隣で横たわる 
不思議な細胞のあつまり 
唸るような蝉の声を聞きながら 
夢み心地に眠る猫
2020年8月5日 

crossroads 
分岐する脈拍 
手が届かないことへの躊躇いと遊ぶ