私の「いま」を記録する

―記録から身体へ、身体からダンスへ―
東京/京都/兵庫 それぞれの環境で、いま、何を記録していくか?

この記録の積み重ねがどこへ向かうのか、まだ誰にもわかりません。
2021年6月、4人のダンサーが「作家以前の自分」「作品以前の気づき」と向かい合う、1年間の取り組みが始まりました。